読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さざびぃのブログ

モンストネタ中心の雑記ブログ

【モンスト】1つは持ちたいサブアカ(サブ垢)!9つのメリット・デメリットを解説!

f:id:sazabimnst:20170117051248j:plain

マルチプレイが優遇されがちなモンスト。ぼっちストライカーにとってなかなか厳しい現実です。モンストをある程度本気でプレイしていくのであれば、1人でもマルチプレイができるサブアカ(サブ垢)を作っておくことに越したことはありません。

今回はそのサブアカのメリットとデメリットを解説したいと思います。

サブアカのメリット

使えるスタミナが増える

サブアカを持っていれば自由に使えるスタミナ量は「メインアカ+サブアカ」分となります。サブアカのスタミナが低いときは使い物になりませんが、100を超えたあたりで周回でのオーブ使用量がグッと減ることを体感できると思いますよ。

また、周回でのオーブ使用はサブアカにまかせ、メインは温存しガチャに備え手持ちを強化していくなんて使い方もできますよね。

フレンドに左右されない

サブアカとマルチプレイをすればパーティを固定化することができます。つまりフレンドに左右されず固定パーティで攻略ができるということ。これは攻略、周回がかなり楽になります。

ただし、逆の言い方をすればメインアカとサブアカで適正モンスターを集めないといけないということになります。時にはソロでフレンドを活用するのも1つの手段ですね。

運極2体パーティで運極周回の効率アップ

運極1体よりも2体の方が運極作成が捗ることは間違いありません。ラックボーナス2個と4個では倍違いますからね。ばんばん運極を作っていくことができます。

当たり前のことですが、運極をパーティに増やせばガチャ限を入れる枠がなくなるので、運極を増やす程クエスト攻略に求められるプレイヤースキルは高くなることも覚えておいてくださいね。特に超絶、爆絶クエストは要注意です。

追憶の書庫での運極作成が捗る

追憶の書庫のプレイ可能数は1アカウントにつき1日5回。サブアカがあれば2倍の10回プレイすることができます。追憶の書庫の便利なところはいつでもプレイできるということ。降臨時間に左右されずに運極作成が可能になるので是非とも活用してください。

アップデート毎に運枠として優秀なモンスターが追加されているのも嬉しいポイント。運極の定番クイバタも簡単に作ることができます。

キズナ報酬で毎月15個のオーブがもらえる

サブアカとマルチプレイをして毎日キズナメーターをMAXにしていれば1ヶ月で15個オーブをもらうことができます。というのも、キズナメーターをMAXにする度に強化合成用モンスターなどの報酬を貰うことができ、10回につき1回、その報酬の1つとしてオーブ5個があるからですね。

ガチャを引く回数が増える

ログインオーブやごめんなさいオーブをもらえる数が単純にサブアカ分だけ増えることになるのでガチャの試行回数を増やすことができます。メインサブ交互に隔月でガチャを引くようにすれば、毎月、超獣神祭または激獣神祭で10連ガチャを引くこともできるかもしれませんね。

サブアカのデメリット

端末を用意する必要がある

1つの端末に1つのアカウントが原則なのでサブアカ用の端末を用意する必要があります。ただ、新しいものを用意する必要はなく、スマホを買い替えた際に古い端末を下取りに出さずサブアカ用として使ったりします。

僕は下取りに出してしまった後にサブアカが欲しくなったので、iPod touch 第6世代を新しく購入しました。使用感について興味がある人はこちらの記事を参考にしてください。

【関連】サブアカ用にiPod Touch 第6世代を購入して2ヶ月たったのでレビューするぞ!【モンスト】

サブアカを育てるのに時間が必要

便利なサブアカもある程度まで育てないと使いものになりません。メインアカと行きたいと思っているクエストの適正キャラを用意する必要がありますし、ランクもある程度上げないとスタミナ効率が悪くなってしまいます。爆絶に限っては運極が5体必要になりますからね。

ただ、メインアカという強い味方がいるので育つのにそこまで時間はかからないと思います。また、サブアカは無課金という方も多いですが「初心者応援パック」など確実性の高いもので1回だけのものは課金してしまってもいいと思います。たったの480円ですからね。これで★6キャラ+おまけが手に入るなら十分価値があります。

複数台打ちは思いの外疲れる

これが1番のデメリットかなと個人的に思います。

サブアカを使った自己マルチを進めておいてなんですが、僕、複数台打ち苦手なんです。(笑) 2つの画面を交互に見ながら打つのは意外と疲れますし、疲れてくると集中力が落ちミスショットも増えます。時にはゲームオーバーになることも…。

なので、初見や苦手なクエストはソロでプレイすることも多いです。何回か周回してクエストの癖を掴んで、ある程度脳死状態でクリアできるようになれば、サブアカとのマルチに移行というパターンが多いですね。

まとめ

改めてサブアカのメリット・デメリットを考える良い機会になりました。いくつかデメリットも書きましたが、それでもメリットの方が多いので1つは持っておきたいですね。

「サブアカを作ったから絶対にマルチプレイしないと!」ではなく、あくまでサブアカなので自分の好きなように使っていけばいいと思います。

それでは。