あがけよ、俺。

モンストネタ中心の雑記ブログ

【ネタバレあり】劇場版SAOの雑な感想!ラストの胸熱展開に僕の胸がオーバーヒート

劇場版SAO ビジュアル画像

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール- 公式サイト

『劇場版 ソードアート・オンラインオーディナル・スケール−』

見てきたぞー!

正直、SAOは「めっちゃ好き!」って程の作品でもない。

「久しぶりに映画館のポップコーン食べたいし、なんか手頃な作品やってないかなー」ぐらいの軽い気持ちで見に行ったのさ。アニメも全部見てたし。

うん…。普通に良かった。さすがキリトさん!

てか、最後の展開は胸熱すぎだろ!?

最低でもアニメ1期を見てから劇場へ

ネタバレありの感想なので、劇場版未視聴の人はいないと思うんだけど、念のために言っておきたい。

TV版アニメ未視聴なら最低でも1期のアインクラッド編を見てから劇場に足を運ぶこと! これ約束ね!

たしかに未視聴でも楽しめる作りにはなってたとは思う。思うんだけどアインクラッド編を見てるかどうかで楽しめる度合いが段違いだと思うの。

だって未視聴ってことは、1期1話のあの絶望感味わってないんでしょ? その後のいろんな出会いや別れがあったことを知らないんでしょ? アスナとのいちゃいちゃシーンを見てないんでしょ?

せっかく劇場版を見るならもったいないと思うなー。

ということで、アニメ1期は見ておきましょう!

アクションシーン多めで僕、大満足!

ここから感想ね。

劇場版SAOの戦闘シーン

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」本予告

「ストーリーよりなによりアニメは動いてなんぼ」がモットーの僕にとって最高でした。(もちろんストーリーも良かったよ!)

序盤から「オーディナルスケールにSAOのボスがっ!」ってことで、かなりアクションシーンが多かった。しかも、その一つ一つの完成度が高かった印象。よく動いてた。

クライン率いる風林火山のコンビネーション戦闘、「さすが元副団長!」と言いたくなるアスナの指揮力、盾役にされるリズなどなど、SAOサバイバーの実力がしっかり表現されててなんか嬉しかった。

初戦時にキリトが勢い良く走り出して「おっ!」と思った瞬間、段差に引っかかって転けるシーンはちょっと笑ったわ。アスナはちゃんと闘えてるのにね。

アインクラッド100層ボスとの最終戦

ここで100層のボスを持ってきたかー!!

見るからに強敵。てか、HPバー何本あるの? 普通のゲームであんなの出てきたらコントローラー投げ捨てるレベルだよね、あれは。

そんな強敵相手にやっとHPバー1本分削ったかどうかってとこでボスの回復魔法。

HP全回復にHPバー1本追加。

これは心折れる。こんなん心バッキバキに折れるわ。僕ならゲーム機本体を窓から投げ捨ててるわ。絶対無理ゲー。

「マジ、これどうすんの?」

って思ってたら緑エフェクトの魔法と同時にリーファが! そしてリーファの胸からユイが!(どっから出てくんねんw)

さらに、続々とALOやGGOの人たちが駆けつける、お約束と言えばお約束の展開なんだけど燃えるよね。

そして、ユイからのプレゼントということでキリトたちの装備がSAO時代のものになってからの展開はさらに熱かった! 最高に熱かった! ナイスな展開じゃないか!

昔は強かったキャラが本来の力を取り戻して無双する展開ってなんでこうも胸を熱くさせるのか…。本当に強いキャラの俺TUEEEEは大好きなんです、僕。

この最終戦見れただけでも満足だわ。

シリーズ集大成と言っても過言ではない完成度

キリトとアスナの手

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」本予告

アインクラッド編があって、フェアリィ・ダンス編があって、ファントム・バレット編があって、マザーズ・ロザリオ編があって、そしてこの劇場版がある。

本当にそう思わせてくれるできでした。

とくにアインクラッド100層のボスにアスナが攻撃を仕掛けるシーンでユウキを重ねる演出は卑怯。あれは原作を読むか、TV版アニメ2期を見てないと意味が伝わらない演出だもんね。

やっぱりTV版は1期、2期どちらも見といた方がいいね!

まとめ

ぶっちゃけ感想記事って苦手なんですが、『劇場版 ソードアート・オンラインオーディナル・スケール−』のできが良すぎたので書いてみました。

何回も言うけどアインクラッド100層ボスが出てくるとは思わなかった。そして、その後の展開が素晴らしかった。

もう1回見に行ってもいいかなーと思わせてくれる劇場版でした。

それでは。

P.S.

「AR(拡張現実)とVR(仮想現実)のゲームどっちかをプレイできる」となれば、僕は断然VRゲームをプレイしたい。